西国街道~玖波宿(広島・大竹市)

周防国(山口県)と安芸国(広島県)の県境に架かる両国橋を渡ると、山陽道も西国街道と名前を変えることとなりました。

西国街道玖波宿両国橋 (500x375).jpg
両国橋(広島側から見たところ)
山陽道は山口県内の呼び方で、正式には西国街道と呼ぶそうです。
県境を流れる小瀬川も、広島県側では木野川と呼び方が変わります。


西国街道となった山陽道は、国境を越えても木野川(小瀬川)沿いを通っていました。
西国街道玖波宿木野川 (500x375).jpg

幕末の第二次長州征討では、長州軍と幕府軍が木野川を挟んだ戦いの舞台でもあります。

ちなみに山口県では「長州征討」や「長州征伐」とは呼ばず、「四境戦争」や「四境の役」と呼びます。
四境とは、小倉口(関門海峡を挟んで九州との境)、大島口(瀬戸内海を挟んで四国との境)、石州口(島根県との境)、芸州口(広島県との境)のことです。

幕府軍は四境で長州軍を包囲しましたが、いずれの戦いも長州軍の圧倒的優位に終わりました。

そのうちの芸州口の戦いの舞台となったのが木野川で、1866年に周防国側に長州軍、安芸国側に幕府軍が対峙しました。

幕府軍の先鋒を務めるのは彦根藩主井伊直憲、桜田門外の変で暗殺された井伊直弼の次男です。
西国街道玖波宿芸州口の戦い解説 (500x214).jpg
JR大竹駅前にある芸州口戦いの図
木野川を挟んで右側(広島側)が幕府軍、左側(山口側)が長州軍で、中央の2騎は幕府の使番です。

幕府軍の先鋒を井伊氏が務めるあたりは、なんとも中世的な感じがするのですが、兵装も甲冑姿などの前近代的なものだったようです。

一方の長州藩ですが、第一次長州征伐では降伏して不戦敗に終わったものの、この時は高杉晋作のクーデター功山寺の挙兵によって藩の体制も変わっていました。
奇兵隊などの民兵組織が編成され、大村益次郎の主導による近代的な用兵に変わっていました。

芸州口の戦いでは、幕府軍は長州軍の5倍の3万人で布陣しましたが、長州軍の近代兵器と用兵の前に敗北を喫しました。
(結果は勝海舟の調停により、休戦・引き分けとされました)


西国街道玖波宿苦の坂1 (500x375).jpg
幕府軍が布陣した「苦の坂」の西国街道
長州遊撃軍は苦の坂の背後にも侵攻し、幕府軍の退路を断ちました。


苦の坂から先はほとんど通行不可能だったので、迂回して大竹の市内へと回って行きました。

西国街道は旧家の並ぶ小方を通り、亀居城へと続いていました。

西国街道玖波宿小方 (1) (500x375).jpg
小方の街並み

西国街道玖波宿小方 (500x375).jpg

玖波宿の宿場町は、四境戦争で焼失してしまい、旧街道の街並みはほとんど残っていませんでした。
西国街道玖波宿 (5) (500x376).jpg


関戸宿←赤間関方       
廿日市宿→京方

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック