観音崎(神奈川・横須賀市)

猿島から船に乗り、観音埼へと渡りました。
観音埼航路より観音埼.JPG
船から見た観音崎

観音埼灯台は1869年に造られた日本初の洋式灯台です。
観音崎灯台.JPG
観音埼灯台


幕末の1866年、江戸幕府はイギリス・フランス・アメリカ・オランダと改税約定を結びました。
その中で灯台の設置が義務付けられ、一番最初に完成したのが観音埼灯台です。
(観音埼灯台が1869年11月1日に竣工したことから、11月1日は「灯台の日」だそうです)

その後2度の地震によって崩壊してしまい、現在の白亜の灯台は1925年に造られた3代目です。

初代観音崎灯台は、レンガ造りの四角い灯台でした。
設計したのは、ヴェルニー公園にも名前が残るフランス人技師のレオンス・ヴェルニーです。
観音埼初代灯台.JPG
灯台内にある初代観音埼灯台の模型
後ろに写っている胸像がレオンス・ヴェルニーです。

灯台の上はさすがに見晴らしが良く、東京湾が一望できました。
観音埼灯台より房総半島.JPG
房総半島の山並み

灯台のレンズも間近に見ることができました。
観音埼灯台レンズ.JPG
観音埼灯台の閃光間隔は15秒毎に2閃光で、今も東京湾の安全を見守っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック