名城・名跡紀行(パクス・ジャポニカ Vol.3)

アクセスカウンタ

zoom RSS 具志川城(沖縄・糸満市)

<<   作成日時 : 2017/12/17 16:01   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

沖縄本島の最南端、喜屋武岬近くにあるのが具志川城です。

東シナ海に臨む城跡(ぐすくあと)には、サンゴで出来た琉球石灰岩の城壁が残っていました。
具志川城城壁.JPG
首里城と違って、ここではサンゴ石の野面積みです。

城壁には門があったのかも知れませんが、崩落していてよくわかりませんでした。
具志川城虎口.JPG
虎口跡

具志川城は三方を海に囲まれており、虎口を抜けると主郭の先に太平洋が広がっていました。
具志川城主郭.JPG
虎口跡から見た主郭
柵で囲まれた井戸のような場所は「ひーふちみー(火吹き穴)」と呼ばれ、海につながっています。
「ひーふちみー」は、荷物の上げ下ろしや有事の際の避難に使われたとされたようです。

具志川城虎口 (2).JPG
主郭虎口(内側から見たところ)

海に面した石垣には、見張りのための階段と武者走りの跡がありました。
具志川城階段と武者走り.JPG
階段跡

具志川城城壁 (3).JPG
武者走り跡


本土の城(しろ)について言えば、戦闘拠点としての役割が主だったと思います。
琉球の城(ぐすく)では、交易の拠点としての役割が主で、海に対する物見は重要な機能だったのかも知れません。

具志川城西側 (2).JPG
具志川城西側の太平洋

具志川城南側.JPG
南側
断崖絶壁で囲まれています。

具志川城東側.JPG
東側
その向こうが喜屋武岬です。


〜城跡データ〜
【所在地】沖縄県糸満市喜屋武1730-1
【築城年】不明(13世紀?)
【築城主】真金声按司
【遺構】曲輪、石垣、火吹き穴

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
具志川城(沖縄・糸満市) 名城・名跡紀行(パクス・ジャポニカ Vol.3)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる